初めての人にも優しい和みスタンディングバー、代々木『vivo daily stand』

あるサラリーマンが、学生時代にスペインを旅した際、現地のバルに出会って魅せられ、似たコンセプトのお店を日本につくってみたいという夢を持ち続け、ある日東京の中野で小さなバルを始めた。
お店の名は、『vivo daily stand』。
この小さなバルは雰囲気、居心地の良さで多くの人たちに支持され、その後店舗は2号店、3号店と都内のあちこちに増えていき、現在9店舗まで拡大している。
以前私が行き着けにしていた新橋店は4号店である。

そんなvivoの店舗にあって、ちょっと隠れ家的に使えそうなのが代々木店
代々木駅前の飲食店街から少し離れた場所にあるので(駅から徒歩4、5分程度)、一人とか少人数で静かに落ち着いて飲みたい時はうってつけだ。
店長は何度か変わっているようだが、現在(このブログを書いている時点)は、常連さんたちから“ヨッシー”と親しみを込めて呼ばれている吉田さんが店長を務めている。
とても気さくな方で、初めての人でも気軽に相手してくれるので安心できる。
そういう店長の性格、ホスピタリティもあってか、お店の常連さんたちも気さくな方々が多く、店内にはアットホームな雰囲気が漂っている。

定休日がなく、しかも深夜遅く(午前2時とか3時とか)まで営業しているので、他のお店で飲んだ後に飲み直しで立ち寄ることも可能だ。
聞けば、お客さんは代々木周辺に住んでいる人が多いとか。
スペインのバルは、街の人、近所の人が交流の場として気軽に立ち寄る場所らしいので、まさに創業者が思い描いた通りのお店になっているといえよう。
代々木周辺にはvivoのようなお店が他にないのでとても貴重な存在である。
代々木で気軽に飲めて、落ち着けるお店を探している方にはぜひともお勧めしたいお店だ。

<お店データ>

東京都渋谷区代々木1-10-7
TEL:03-5351-1299
定休日:なし

d0223663_9485615.jpg

d0223663_9493969.jpg

d0223663_9495420.jpg

d0223663_950935.jpg

d0223663_9503252.jpg

d0223663_9504887.jpg

d0223663_951488.jpg

d0223663_9511866.jpg

d0223663_9513493.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2014-03-29 09:59 | 新橋以外(立ち飲み)  

安くて年中無休24時間は庶民のんべの味方、新宿『飲食笑商何屋ねこ膳』

新宿の靖国通りと明治通りの交差点から少し歩いた明治通り沿い(花園神社の近く)に、年中無休かつ24時間営業、その上食事(定食)も飲みも両方でき、さらには弁当もあるというマルチなお店がある。
お店の名は、『飲食笑商何屋ねこ膳』(いんしょくしょうしょうなんやねこぜん)。

少し変わった店名である上に、お店の外観も個性的なので人目をひく。
お店の外には、定食などのメニューが表示されているが、「新宿で焼魚が一番旨い店」と書かれた看板が何ともユニークだ。
焼魚が好きな人ならこのコピーを見てつい入ってしまうに違いない。
お店の外観から雑然としたイメージの店内を連想するかもしれないが、一歩店内に足を踏み入れると整然とした清潔感あふれるつくりになっていることに気付く。
カウンター席10席、4人掛けテーブルが二つ、2人掛けテーブルが一つというレイアウトだ。

料理はいたってシンプルな家庭料理風のものが多いが、メニューは豊富で100円台の安い一品も多いので庶民のんべにはとてもありがたい。
それに、ホッピーは焼酎の量が多いのでホッピー好きにはこれも嬉しい。
定食屋兼飲み屋なので、飲まずに食事だけしているお客さんもいれば、ひたすら飲んでいるお客さんもいる。
お店のつくり、飲食メニュー、お店の人たちの雰囲気からして気取らずに飲み食いできる感じのお店だ。
以前はラーメン屋だったらしいが、形態を変えて今のスタイルにしたのだとか。
新宿で軽く飲みたくなった時などに立ち寄りたいお店だ。

<お店データ>

東京都新宿区新宿5-17-1
TEL:03-3200-1710
定休日:年中無休

食べログ

d0223663_11432049.jpg

d0223663_11433694.jpg

d0223663_11435064.jpg

d0223663_1144355.jpg

d0223663_11441792.jpg

d0223663_11443137.jpg

d0223663_11444664.jpg

d0223663_1145173.jpg

d0223663_11451414.jpg

d0223663_1145294.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-07-24 11:47 | 新橋以外(座り飲み)  

【№110】蟹がこんなにも安くたっぷり、新鮮な海の幸を肴に酒が進む『蟹喰楽舞』

新橋で飲むというと烏森口方面の酒場をイメージしてしまう人は多いだろうが、新橋のディープスポットとしてこのところ新橋駅前ビルが熱い。
特にたくさんの飲食店のある新橋駅前ビル1号館には新しいお店が続々オープンしている。
今年の6月、高級なイメージのある蟹料理が安く食べられる居酒屋がこの1号館の地下にオープンした。
お店の名は、『蟹喰楽舞』。

新橋駅前ビル1号館の地下にはメイン通りをはさんで両脇に飲食店が所狭しと並んでいるが、そのメイン通りから小路に入った狭い裏通りの一角にこのお店はある。
カウンター席8席だけの小さなお店である。
このお店の売りは、なんといっても提携先の北海道函館の活蟹卸売問屋から毎日直送されてくる蟹。
蟹が最大の売りではあるが、鮮度のいい他の魚介類の一品もあなどれない。
薄利多売が営業方針というだけあって、活きのいい蟹・魚介類料理が安く提供される。

お酒は、日本酒、焼酎、ビールが500~600円で、特に日本酒と焼酎の品揃えが充実している。
鮮度のいい海の幸が肴とあってはお酒が進まないわけがない。
ボリュームたっぷりの蟹の身を口にほおばるとグビグビいってしまう。
カウンターだけの小さなお店なので団体客が騒がしく飲んでいることもなく、それゆえ気持ちよく酔える。
こういうお店ができると新橋通な飲み人たちがほっとくわけはなく、開店早々から既に多くの飲み人で賑わう繁盛店になっているようだ。

現在、お店はオーナーと店主の二人で切り盛りしている。
二人とも仕事一徹の職人タイプという感じで、その姿が本物の味を求める飲み人たちを安心させるのだろう。
連日多くのお客さんが訪れ満席になることも多いようなので、開店直後を狙うか、電話で空き状況を確認してみるのがいいかもしれない。
何にしろ、新橋に高級食材の蟹を安く堪能できるこういうお店ができたことは飲み人にとっては朗報だ。
新鮮な蟹は高いので食べに行けないと諦めていたあなた、ぜひ一度足を運んでみてはどうだろうか。

<お店データ>

東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館B1
TEL:03-6228-5852
定休日:日、祝日

食べログ

d0223663_16241231.jpg

d0223663_16242965.jpg

d0223663_16244440.jpg

d0223663_1625181.jpg

d0223663_16251431.jpg

d0223663_1625361.jpg

d0223663_16255058.jpg

d0223663_1626445.jpg

d0223663_16262310.jpg

d0223663_1626381.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-07-17 16:27 | 座り飲みの店  

『大露路』の“セロリ”

メディアでもよく紹介される新橋の超人気居酒屋『大露路』でお勧めしたいのがこの一品。
セロリ”。

生のセロリを切っただけのいたってシンプルな一品なのですが、ヘルシー志向の人にはうってつけです。
名物トマトハイを飲みながらこれをつまめば、まさに健康的飲み方ですね(笑)。
ダイエットを意識されている方、お腹回りが気になっている方、みずみずしいセロリはいかが?

d0223663_10254043.jpg

d0223663_1026312.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-07-05 10:30 | 酒が進む一品  

facebook『新橋愛好会』グループのご案内

facebookにて、“新橋好きの新橋好きによる新橋好きのためのグループ”を運営しております。
いちおう承認制にしておりますが、ご興味のある方はお気軽に参加申請して下さい。

グループ内では、新橋でお勧めのお店の紹介や新橋で飲んだ話題などが投稿されています。
新橋好きの方のご参加をお待ちいたしております。

グループ名: 新橋愛好会
URL: http://www.facebook.com/#!/groups/261048930606440/
[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-05-08 14:57 | 管理人の告知  

新橋は、大人が安心して楽しめるプレイスポットだ。

新橋好きの私が言うとやや贔屓気味にはなりますが、新橋は大人が安心して楽しめるプレイスポットだと思います。
他の地域の飲み屋街もそれなりに飲み歩いてきたので、それらとも比較して本当にそう思うんです。

なぜそう思うのか、、、
いくつか理由がありますが、主なのをあげると、

●サラリーマンの街なので、うるさく騒ぐ若者がいない、少ない。
●多くの人は新橋以外の地に住んでいるので、帰りの電車を気にしながら飲んでいる人が多く乱れにくい。
●安く美味しいお店が多く、かつ個人経営店が多い。
●下町のお店と違って初対面の客同士のコミュニケーションがわりと楽にとりやすい。
●お店が狭い範囲に密集しているのでハシゴしやすい。
など。

あと、
●立ち飲みのお店が多いので、いろんな立ち飲みを楽しめる。
というのもありますかね。

これまでたくさんの人を新橋の行き着けのお店に連れていきましたが、ほとんどの人に満足してもらえました(と感じています)。
新橋飲み未体験の皆さん、ぜひ新橋を体験してみて下さい!
[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-04-29 01:59 | 新橋あれこれ  

新橋の飲み人の飲み方観察記

新橋で飲んでいる人たちの飲み方は、観察していると、お店選びも含めいくつかのパターンがあることに気付きます。
以下に、私が気付いたパターンをご紹介します。

1.会社、職場の同僚、仕事関係者と一緒に飲む。
→サラリーマンの街だけあって一番多く見かける光景。

2.飲み会の場所として新橋を選ぶ。
→集団飲みしている人に多い。

3.グルメ雑誌、TVのグルメ番組、ネットのグルメ記事などで紹介されたお店で飲む。
→有名店で飲んでいる人に多い。

4.仕事帰りに行き着けのお店で飲む。
→勤務先が新橋界隈にある人が、会社、職場の同僚と一緒、もしくは一人で飲む時に多い。

5.新橋の特定のお店一店だけに通って飲む。
→ハシゴ酒をせず、長い間同じお店の常連として飲んでいる人も意外に多い。

6.新橋の特定の何店かをハシゴしながら飲む。
→いくつかお気に入りのお店を持ち、それらのお店をハシゴ飲みする人も多い。

7.新橋の全域を対象に美味しい酒・料理を求め飲み歩く。
→いわゆるグルメタイプの人で、飲み食べをテーマにしたブログをやっている人も多い。

8.新橋が好きでいろんな人とのコミュニケーションを楽しみながら飲む。
→酒・料理のレベルが多少低くても、飲み仲間をつくりやすいお店であればOKという人も多い。

さて、あなたはどのパターンに該当しますか?
ちなみに、私はパターン「8」に近いかな、ややパターン「7」の傾向もありますが。

d0223663_145618.jpg

d0223663_15187.jpg

d0223663_154571.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-04-29 01:07 | 新橋の飲み人  

『以蔵』の“炙り辛子明太子”

新橋の人気立ち飲み『竜馬』グループの別館みたいな存在の立ち飲み『以蔵』は、本店の竜馬の料理メニューがすべて注文できるのが好評ですが、実は以蔵のマスターが作る独自メニューもあります。
その中でお勧めなのが、この一品。
炙り辛子明太子”。

炙った辛子明太子に海苔とネギが添えられた一品ですが、これがまたお酒の肴によく合います。
これ一品だけでしばらくお酒が飲めるというもの。
たまには、以蔵独自のメニューで飲んでみてはいかが?

d0223663_183428.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-04-14 18:38 | 酒が進む一品  

【№109】飲み人にとっては穴場の新橋5丁目で営む創作系和食の立ち飲み『TOKYO串BAR』(閉店)

新橋5丁目は飲食店が少ないので飲み人の姿もあまり見かけないが、そんな5丁目に昨年10月ひっそりオープンした創作系和食の立ち飲みのお店がある。
お店の名は、『TOKYO串BAR』。

このお店は、店舗開発などを事業とする会社が飲食事業に進出するために出店した1号店で同社は今後お店を増やしていく計画のようだ。
聞くところによれば、新橋の1号店はオープンして間もないが、今年の4月に店内などを改装してグランドオープンするのだとか。
現在お店は2名の若い男性スタッフで切り盛りしている。

ここの売りは、運営母体の会社が提供する最新の厨房機器を使って調理されるオリジナル・メニューの数々。
料理は串揚げが中心のようではあるが、メニューには一般的な串揚げ屋では見かけない創作メニューが並ぶ。
定番メニュー以外にお勧めメニューもあり、こちらにはさらに創作系の品々が並んでいる。
そして、何といっても驚くのはその店内の内装。
外観もユニークではあるが、店内に一歩足を踏み入れると、流線型のカウンター席のあちこちにLEDを使った人口大理石の光の柱があるのだ。
立ち飲み屋としてはとてもユニークなつくりであり、オシャレ感がある。

一品料理は200円台~、飲み物は300円台~と全般的に安い。
安くて旨くて雰囲気がいいというのは、新橋飲み人にとっては何も嬉しい。
大勢の仲間たちとわいわい飲むのも楽しいが、こういうオシャレな立ち飲みには、できるなら一人か少人数で訪れたいものだ。
もっとも、私が時々開催する「新橋徘徊ツアー」(新橋の飲み屋をあまり知らない人に良いお店を紹介するツアー)は大人数なのだが(笑)。

お店データ

東京都港区新橋5-5-5 新橋ビル 1F
TEL:03-3436-6663
定休日:土、日、祝日

食べログ

d0223663_8163688.jpg

d0223663_8165370.jpg

d0223663_8171076.jpg

d0223663_8172792.jpg

d0223663_8183642.jpg

d0223663_8174863.jpg

d0223663_819320.jpg

d0223663_8192267.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-03-17 08:26 | 立ち飲みの店  

『喜楽』の“シューマイ”

新橋駅前ビル1号館1階にある中華風立ち飲み『喜楽』でお勧めしたいのがこの一品。
シューマイ”。

中華でシューマイといえば定番の一品だが、ここのシューマイは時間をかけて蒸され、ほくほくして旨い。
メニューは、3個と5個の2種類ある。
口にほおばると、皮の中から甘い肉汁がしみ出てきて幸せな味覚を感じることができる。
小腹が空いている時などはちょうどいい一品だ。

d0223663_13402541.jpg

d0223663_13404764.jpg

[PR]

# by yoron-shinbashi | 2013-03-10 13:42 | 酒が進む一品