【№12】会津の名酒と料理を堪能したいならここだ、『身知らず』

このお店も日本酒の名店が並ぶ新橋4丁目にある。
お店の名は、『身知らず』。
よく「身の程知らず」と間違えられちゃうそうだ。
そーいえば、私も最初そう覚えてしまっていた。
“身知らず”というのは、会津関係者なら知らない人はいない、枝が折れるほど実をつける“身知らず柿”のことだ。
そう、このお店は、店主が会津出身で会津料理を出すお店なのだ。

お酒も会津の名酒が置いてある。
特に、日本酒好きの間では有名な「会津中将」(鶴乃江酒造)は、純米大吟醸、純米原酒、本醸造、にごり、など各種とり揃えている。
国権』という地酒もある。
お酒は冷酒でも熱燗でもいける。
会津料理はお酒にもよく合う。
会津馬刺し、会津馬レバー刺し、会津こづゆ、身欠き鰊山椒漬、三五八漬、くじら汁、など。

このお店は福島県人にはよく知られたお店で、地元関係のお客さんも多い。
県人関係者によるオフ会もよく開催されている。
私は初訪問でなぜか店主と意気投合した。
なぜかといえば母校(明治大学)が同じだったからだ。
店主は大学時代ボート部に所属していたらしい。
我が母校の体育会系サークルは規律、練習が厳しいのが伝統だから、きっと店主もそうとう鍛えられたのではないだろうか。
多少口ベタな印象は受けるが、実際会話を交わしてみると逆に店主の渋さを感じる。
店主は脱サラしてこのお店を始めたという。

お店は通りの角にあるので場所としてはわかりやすいが、ここまで来る人はやはりそこそこのお酒通に違いない。
私は会津中将のファンだが、地元関係者、日本酒好きの人を除けばあまり知られていないお酒だ。
だからこのお酒の存在を知ってやって来る人はやっぱり日本酒に詳しい人なのだろう。
お店の外観は酒飲みを誘う感じのつくりだ。
常連さんも多いが初訪問でもそんなに違和感はない。
会津のお酒、料理を体験、堪能してみたければここを訪ねてみればよい。

<お店データ>

東京都港区新橋4-11-6 植木ビル1F
TEL:03-5473-9540
定休日:土、日、祝日

食べログ

d0223663_345331.jpg

d0223663_3455442.jpg

d0223663_3495985.jpg

d0223663_3504752.jpg

d0223663_3464393.jpg

d0223663_347892.jpg

d0223663_3473194.jpg

d0223663_3475153.jpg

d0223663_348669.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-03-08 03:53 | 座り飲みの店  

<< 【№13】自分の家に帰ったよう... 【№11】女性店主の笑顔に癒さ... >>