カテゴリ:新橋以外(座り飲み)( 86 )

 

安くて年中無休24時間は庶民のんべの味方、新宿『飲食笑商何屋ねこ膳』

新宿の靖国通りと明治通りの交差点から少し歩いた明治通り沿い(花園神社の近く)に、年中無休かつ24時間営業、その上食事(定食)も飲みも両方でき、さらには弁当もあるというマルチなお店がある。
お店の名は、『飲食笑商何屋ねこ膳』(いんしょくしょうしょうなんやねこぜん)。

少し変わった店名である上に、お店の外観も個性的なので人目をひく。
お店の外には、定食などのメニューが表示されているが、「新宿で焼魚が一番旨い店」と書かれた看板が何ともユニークだ。
焼魚が好きな人ならこのコピーを見てつい入ってしまうに違いない。
お店の外観から雑然としたイメージの店内を連想するかもしれないが、一歩店内に足を踏み入れると整然とした清潔感あふれるつくりになっていることに気付く。
カウンター席10席、4人掛けテーブルが二つ、2人掛けテーブルが一つというレイアウトだ。

料理はいたってシンプルな家庭料理風のものが多いが、メニューは豊富で100円台の安い一品も多いので庶民のんべにはとてもありがたい。
それに、ホッピーは焼酎の量が多いのでホッピー好きにはこれも嬉しい。
定食屋兼飲み屋なので、飲まずに食事だけしているお客さんもいれば、ひたすら飲んでいるお客さんもいる。
お店のつくり、飲食メニュー、お店の人たちの雰囲気からして気取らずに飲み食いできる感じのお店だ。
以前はラーメン屋だったらしいが、形態を変えて今のスタイルにしたのだとか。
新宿で軽く飲みたくなった時などに立ち寄りたいお店だ。

<お店データ>

東京都新宿区新宿5-17-1
TEL:03-3200-1710
定休日:年中無休

食べログ

d0223663_11432049.jpg

d0223663_11433694.jpg

d0223663_11435064.jpg

d0223663_1144355.jpg

d0223663_11441792.jpg

d0223663_11443137.jpg

d0223663_11444664.jpg

d0223663_1145173.jpg

d0223663_11451414.jpg

d0223663_1145294.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2013-07-24 11:47 | 新橋以外(座り飲み)  

時間を忘れてしまう大人だけのバー、目黒『天使のわけまえ』

目黒駅西口を出て、少し歩いたところにあるメグロードという雑居ビルの2Fに、人知れずディープな洋酒バーがある。
お店の名は、『天使のわけまえ』。

店名を聞いて「変な名前だなぁ」と思う人もいるかもしれないが、これはもともと、ワインやブランデー、ウィスキーなど、その製造工程で熟成を要する酒類において、熟成中に水分・アルコール分が蒸発し、最終的な製造量が目減りすることをこう呼んでおり、天使の取り分(Angel's share)という呼び方もある。

このお店は、現在、ミヤガワさんというマスターが一人でやっておられ、聞けば、もうかれこれ18年間この場所でやっているそうだ。
男の私が言うのも変だが、マスターはなかなかの男前である。
集団の飲み客がどっと入店しなければ、店内は終始静かな雰囲気に包まれている。
こういう場所でこういう状況で飲んでいると、自分が何だかものすごく大人になったような気がしてくるから不思議だ。

落ち着いた感じで静かに語りかけるマスターと交わす会話で自分自身に酔うこともある。
まさにここは大人のバーだ。
店名といい、マスターの人柄といい、大人の雰囲気漂うバーで飲みたい飲み人には打ってつけのお店だろう。
目黒でいいバーを探している人にはぜひお勧めしたい。

<お店データ>

東京都品川区上大崎2-26-5 メグロード2F
TEL:03-3491-8214
定休日:日、祝日

d0223663_23435955.jpg

d0223663_23441463.jpg

d0223663_23442834.jpg

d0223663_23444113.jpg

d0223663_23445443.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-03-22 23:49 | 新橋以外(座り飲み)  

母と息子の素朴な味のもつ焼き屋、目黒『二軒目』

目黒駅の西口からすぐのところにあるサンフェリスタ目黒ビルの地下街に、もつ焼きの旨いお店がある。
お店の名は、『二軒目』。

店内は、L字型カウンター席と奥に10名ほどが座れる小上りがある。
目黒駅近くのもつ焼き屋さんでは、以前に紹介した『玉や』が東口の横綱とすれば、このお店は間違いなく西口の横綱だろう。
玉やのもつ焼きに比べると、二軒目のもつ焼きはサイズが小さめなのだが、焼き方、味付けが絶妙で実に旨い。
店名がユニークだが、聞けば、かつてお客さんにつけてもらったのが由来なのだとか。

お店は、年配のお母さんと息子さんの二人で切り盛りする。
お母さんも息子さんも素朴な感じで、地方の田舎から出てきた人はこの親子との会話で和むにちがいない。
仕事帰りにふらっと立ち寄る一人客も多いようだ。
それだけこのお店の雰囲気に落ち着くのだろうし、私自身もこのお店ではとても落ち着く。

料理はシンプルなメニューが多いが、総じてなかなか旨い。
もつ焼きは絶品で、注文する人は多い。
おしたしを注文すると、注文を受けてから鍋で茹で始め、できたてのものを出してくれる。
何とも贅沢なことではないか。
小腹の空いた人にはオニギリがお勧めだ。
ボリュームがあって食べ応えがある。
飲みものは、ビール、日本酒、焼酎、ウィスキー、サワー類など。

ビルの地下飲食街のはずれにあるこのお店は、お客さんの入りが少ない時はガランとしているが、こういう時こそお母さん、息子さんとじっくり会話を交わしてみるといい。
素朴さ、人柄の良さがよくわかるだろう。
気に入ったなら、自分だけの隠れ家にしてみてはどうだろうか。
目黒駅周辺で飲む機会があったらぜひお勧めしたいお店だ。

<お店データ>

東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒B1F
TEL:03-3779-2888
定休日:土、日、祝日

食べログ

d0223663_23591644.jpg

d0223663_23593048.jpg

d0223663_23595032.jpg

d0223663_00095.jpg

d0223663_001875.jpg

d0223663_002875.jpg

d0223663_00499.jpg

d0223663_01012.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-03-21 00:02 | 新橋以外(座り飲み)  

母と娘で小ぢんまり営む和みの居酒屋、目黒新橋『ナッツ』

JR山手線目黒駅西口を出て、権之助坂を下ること5分、目黒川にかかる目黒新橋という小さな橋の袂に目黒新橋マンションという昭和46年(1971年)に建てられた古いマンションがある。
その1階は飲食街になっていて、居酒屋やバーなどの飲食店が10店舗軒を連ねる。
表に「10店そろった大酒郷」という看板がありのんべを誘う。

そんな飲食店の一軒に、母と娘が小ぢんまり営む和みの居酒屋がある。
お店の名は、『ナッツ』。
店名は、英語の“nuts”(くそ食らえ、気の狂った)からきているというちょっと変わったお店だ。
かといって、お店の人やお客さんがそんなタイプというわけではない。

ママと娘さんはおしゃべり好きでどんな人とでも気軽に会話できるようだ。
L字型のカウンター席のみで、10人ぐらいでいっぱいなる狭いお店だが、お酒や料理のメニューはわりと豊富にある。
料理一品の値段は安いので懐の寂しい飲み人にはありがたい。
お店を始めて数年と聞いたが、既に常連客がついているらしい。
ママ、娘さんとのおしゃべりを楽しみたくてつい足を運んでしまうのかもしれない。
目黒界隈で飲む機会があったらぜひ一度訪れてみてはどうだろうか。

<お店データ>

東京都目黒区目黒1-24-19 目黒新橋マンション1F
TEL:不明
定休日:日、祝日

d0223663_1114172.jpg

d0223663_11141816.jpg

d0223663_11143491.jpg

d0223663_11144719.jpg

d0223663_1115249.jpg

d0223663_11151735.jpg

d0223663_11153025.jpg

d0223663_11154435.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-11 11:17 | 新橋以外(座り飲み)  

ご夫婦とスタッフの息が合った旨いやきとん屋、目黒『玉や』

JR目黒駅東口を出て歩くこと数分、脇道に入って飲食店の並ぶ一角にやきとんの旨いお店がある。
お店の名は、『玉や』。
同店は新橋にも数店舗あるが、目黒店が本店だ。
還暦を超えたご夫婦と数名のスタッフが切り盛りし、かなりお客さんが入る人気店である。
一人または少人数の時は1F、大人数の時は2Fが利用できる。

ここの名物はなんといってもやきとん。
味付けはたれと塩が選べるが個人的にはたれがお勧めだ。
一串はそこそこ大きくて食べ応えがある。
やきとん以外にもレバ刺しなど各種もつ刺しや他の一品料理もある。
お酒は、ビール、ホッピー、サワー類、日本酒、焼酎など。
店内には、電車の網棚のような荷物置き場が設けられているので、手荷物などをそこにのせられる。

聞けば、ご夫婦は中央大学でフランス文学を学んだという。
大学生の頃は学生運動が盛んだったとかで、店内が忙しくなければそんな思い出話などもしてくれる気さくなご夫婦だ。
私はここに通い出してまだ日が浅いが、カウンターにいるお客さんを観察していると長く通っている常連さんもいるようだ。
きっと、こういうご夫婦の人柄、そしてご夫婦と息の合ったスタッフの対応に二度、三度と足を運びたくなるのだろう。
目黒駅周辺で飲む機会があったらぜひお勧めしたいお店だ。

<お店データ>

東京都品川区上大崎2-13-42
TEL:03-3444-3911
定休日:日、祝日

食べログ

d0223663_881180.jpg

d0223663_882548.jpg

d0223663_884084.jpg

d0223663_042489.jpg

d0223663_885311.jpg

d0223663_04036.jpg

d0223663_89760.jpg

d0223663_892182.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-07 08:12 | 新橋以外(座り飲み)  

昭和一桁生まれのおしゃべり好きな女将がいる、目黒新橋『おおき』

JR山手線目黒駅西口を出て、権之助坂を下ること5分、目黒川にかかる目黒新橋という小さな橋の袂に目黒新橋マンションという昭和46年(1971年)に建てられた古いマンションがある。
その1階は飲食街になっていて、居酒屋やバーなどの飲食店が10店舗軒を連ねる。
表に「10店そろった大酒郷」という看板がありのんべを誘う。

聞くところによれば、戦後屋台をひいていた人たちが、このマンション建設と同時にここに移ってきたのが始まりらしい。
現存するお店の中では、創業40年以上のお店もある。
今回紹介したいのは、創業30年以上という老舗のお店『おおき』。
昭和一桁生まれという女将が一人で営むお店なのだが、とてもおしゃべり好きで、自分のことや家族のこと、ご両親のことなどいろいろ話題を提供してくれる。

さらに面白いのが、よくもの忘れすることと、マイウェイを貫き通すことか(笑)。
どういうことかといえば、まず、お客さんが注文したものを忘れる。
極めつけは、最後の勘定の際、お客さんが注文したものがわからずお客さんに確認すること。
「えーと、お客さん、何注文されました?」って感じで(笑)。
それと、例えば、こちらが注文したものとは違うものが出てきたりする。
「これ、美味しいから食べてみて」と言いつつ。
で、肝心の注文した料理は出てこない。
まぁ、しつこく言えば出してもらえるかもしれないが、こういうのはこれはこれで何だか楽しい。

ちょっと涙ものだったのは、店内の壁にかかっている黒板メニューの話。
かつては今は亡きご主人と二人でやっていたとのことで、ご主人が書いたメニューを消すことができず、そのままにしているのだという。
黒板に書かれたそのメニューはかすれているが、きっとたくさんの思い出が詰まっているのであろう。

女将との会話で私が独身であることを告げたのだが、何度も「奥さんは?」と聞く女将の記憶力はお酒の場を盛り上げてくれる(笑)。
そんな女将なので、再訪してもきっと覚えていてくれないかもしれないが、なぜか再び訪れてみたくなる不思議なお店だ。
目黒新橋は実に楽しい場所である。

<お店データ>

東京都目黒区目黒1-24-19 目黒新橋マンション1F
TEL:不明
定休日:日、祝日

d0223663_10421157.jpg

d0223663_10423193.jpg

d0223663_10425167.jpg

d0223663_10431342.jpg

d0223663_10433026.jpg

d0223663_10434587.jpg

d0223663_1044155.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-05 10:02 | 新橋以外(座り飲み)  

(番外編)旨くてボリュームたっぷりのカレーハウス、幡ヶ谷『スパイス』

京王新線幡ヶ谷駅の南口を出て、西原商店街を代々木上原方面へ歩くこと数分、創業から40年近くにもなるカレーの老舗名店がある。
お店の名は、『スパイス(SPICE)』。
お店は年輩のご夫婦が切り盛りする。
店内にはいくつかのテーブル席があり、小ぢんまりした感じだ。
道路に面したウィンドウ側にはフィギュア(小さな人形)などがたくさん飾ってある。

メニューは壁にかかったホワイトボードと壁に貼られた紙に書かれている。
カレーは、1種類のものと2種類がミックスされたものがあり、ミックス版にはさらに玉子入りのメニューもある。
140円追加で大盛りもできるが、このお店のカレーはふつうのものでもボリュームがある。
余程お腹が空いている時か大食いに自信がある人でなければふつうのものを注文するのが賢明かもしれない。
味は文句なく旨い!
知人に紹介されて行ったお店だが、カレー好きにはお勧めしたいお店だ。
カレー好きの間では既に有名なお店らしく、平日のランチタイム時などは満席のことも多いようだ。
機会があればぜひ足を運んでみてはどうだろうか。

<お店データ>

東京都渋谷区西原2-28-2
TEL:03-3460-1843
定休日:月

食べログ

d0223663_7301869.jpg

d0223663_7303569.jpg

d0223663_7305292.jpg

d0223663_731551.jpg

d0223663_7312319.jpg

d0223663_7313724.jpg

d0223663_732558.jpg

d0223663_7322037.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-11-24 07:36 | 新橋以外(座り飲み)  

元パティシエが営む住宅街の隠れビアカフェ、三軒茶屋『セルボワーズ』

三軒茶屋駅を下り歩くこと10数分、住宅街の中にひっそりとたたずむビアカフェがある。
お店の名は、『セルボワーズ』(Cervoise)。
セルボワーズというのはフランス語でビールの意味。
店主は、親しい仲間たちからは“りえ”さんと呼ばれる若い女性。
彼女は、料理道を極めるためにフランスに留学した経験があり、以前はパティシエもやっていたという経歴の持ち主。
店内は4、5人が座れるカウンター席と、奥にゆったり座れるソファ席がある。

お店は住宅街の中にポツンとあり、知る人ぞ知る隠れ家といった感じのお店だ。
ここは30種類以上のベルギービールが飲める本格的ビール専門店。
手作り料理もビールによく合い美味しい。
今年でオープンから5周年を迎えたようだが、親しみやすく気さくな店主の人柄の賜物なのかもしれない。
ここはランチもやっている。

駅前の喧騒とは無縁の静かな環境なので、静かなひとときを楽しみたい時や密会の時(笑)に最適だ。
面白いのは、店主のりえさんが激辛のカレー好きらしくたまに作るようだが、これが本当にたまらなく辛い。
辛いカレーが好きな人はこのカレーを体験しに行くだけでも行く価値があるのではないか。
余談はさておき、カフェの静かな雰囲気と心地良さ、それでいてビールを本格的に楽しめるお店を探している人にはぜひお勧めしたい。
実はビール好きの間ではよく知られた名店でもある。

<お店データ>

東京都世田谷区三軒茶屋2-46-1 ダイヤハイツ三軒茶屋1F
TEL:03-5486-1777
定休日:月、第3日

食べログ

d0223663_918770.jpg

d0223663_9182579.jpg

d0223663_9184033.jpg

d0223663_9185450.jpg

d0223663_9191254.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-11-06 09:59 | 新橋以外(座り飲み)  

セレブな街で旨いもつ焼きを食らう、麻布十番『あべちゃん』

麻布十番駅の4番出口を出てすぐの麻布十番通り沿いに人気のもつ焼き屋さんがある。
お店の名は、『あべちゃん』。
ここは本店で、近くに別館、溜池山王(赤坂)に支店がある。
創業は昭和8年(1933年)という老舗店で、初めは屋台から出発したようだ。
店内は入口を入って左側にカウンター席、右側にテーブル席があり、奥にもテーブル席がある。
お店は店主他数名の若いアルバイトさんたちが切り盛りする。
店頭でもつ焼きのテイクアウトもできる。

開店は午後3時と早いのにお客さんは開店直後から入り出し、夕方からは仕事帰りのサラリーマンで混み出す。
仲間連れ、パートナー連れのお客さんも多く店内は賑やか。
麻布十番というセレブな街にあるもつ焼き屋さんだけあって、下町のもつ焼き屋さんとは雰囲気も客層も違う。
下町のもつ焼き屋さんと違うといえば、ここはお酒、1品料理とも値段がちょっと高め。
瓶ビール(中)570円、レモンサワー400円、もつ焼きは1本160円で2本からの注文、牛もつ煮込み550円、冷やっこ450円、トマト450円、たこぶつ450円など。
とはいえ、この界隈にはこういう庶民的なお店はここぐらいしかないし、また旨いので人が集まるのであろう。

焼場には、何十年も継ぎ足して使っているという秘伝のタレの入った面白いかたちの壺が鎮座している。
焼き担当は、この壺に注文のもつを入れては味付けをする。
このタレで焼かれたもつ焼きがちょい甘で実に旨い。
塩味も選べる。
お客さんの多くがもつ焼きを注文する。
セレブな雰囲気を感じながら旨いもつ焼きを食べたいと思ったらここへ足を運んでみてはどうだろうか。

<お店データ>

東京都港区麻布十番2-1-1
TEL:03-3451-5825
定休日:日

食べログ

d0223663_7594269.jpg

d0223663_759573.jpg

d0223663_801250.jpg

d0223663_802792.jpg

d0223663_804059.jpg

d0223663_805623.jpg

d0223663_811010.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-10-27 08:24 | 新橋以外(座り飲み)  

名物“からし焼”の定食が旨い!、十条『味の大番』

十条駅南口を出て5分ほど歩いたところに、十条名物の“からし焼”の定食が旨い定食屋さんがある。
お店の名は、『味の大番』。
以前に、からし焼の旨いお店として、東十条の『とん八』と『みとめ』を紹介したが、このお店も名店の一つである。
店内はテーブル席のみ。
お店はおじちゃん、おばちゃんたちが切り盛りする。

からし焼というのは、まぁ、簡単に言ってしまえば、肉豆腐の味付けに唐辛子をたっぷり使った料理だ。
味は甘辛といった感じか。
十条にはからし焼が食べられるお店が何軒もあるが、それぞれのお店で味付けは少しずつ違うようだ。
この辛さがお酒にもよく合い、このお店ではからし焼をつまみに飲んでいる人もいる。
定食屋さんではあるが飲み人用のお酒や1品料理もある。
十条名物からし焼を食べてみたい人にはお勧めしたいお店だ。

<お店データ>

東京都北区上十条2-11-10
TEL:03-5993-4182
定休日:月

食べログ

d0223663_7594655.jpg

d0223663_80154.jpg

d0223663_801580.jpg

d0223663_803155.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-10-26 08:10 | 新橋以外(座り飲み)