カテゴリ:管理人の告知( 8 )

 

facebook『新橋愛好会』グループのご案内

facebookにて、“新橋好きの新橋好きによる新橋好きのためのグループ”を運営しております。
いちおう承認制にしておりますが、ご興味のある方はお気軽に参加申請して下さい。

グループ内では、新橋でお勧めのお店の紹介や新橋で飲んだ話題などが投稿されています。
新橋好きの方のご参加をお待ちいたしております。

グループ名: 新橋愛好会
URL: http://www.facebook.com/#!/groups/261048930606440/
[PR]

by yoron-shinbashi | 2013-05-08 14:57 | 管理人の告知  

新橋好きの皆様、酒好きの皆様、明けましておめでとうございます!

d0223663_11284888.jpg

d0223663_1135560.jpg

新橋好きの皆様、酒好きの皆様、明けましておめでとうございます!

昨年2月から始めた当ブログも、お立ち寄りいただいた新橋好きの皆様、酒好きの皆様のおかげで記事更新のたびに多数のアクセスをいただくようになりました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

今年も飲み道に磨きをかけ、精進し、皆様方が「このお店に行きたい!」、「飲みたい!」と思いたくなるような記事を書けたらいいなと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ただし、お互い、飲み過ぎには注意しましょう(笑)。
お酒と健康に乾杯!
[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-01-02 11:36 | 管理人の告知  

新カテゴリ「お勧めの美酒」をつくりました

酒が進む一品」というカテゴリで各お店のお勧め料理を紹介してきましたが、そういえば、料理だけではなくお店ごとにお酒にも特徴があるよなと思い、「お勧めの美酒」という新しいカテゴリをつくり、私が各お店で個人的にお勧めしたいお酒を紹介していくことにしました。
こちらもどうぞお楽しみに!
[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-18 12:54 | 管理人の告知  

飲み歩き日記、新橋以外のお店紹介を始めます

当ブログを始めて以来、ほぼ毎日1軒ずつ新橋のディープなお店を紹介してきましたが、私が感じるところのディープなお店ネタはそろそろ尽きてきました(笑)。
既に100軒以上紹介しています。

紹介したお店以外に新しくディープなお店を発見した時には引き続き紹介していきますが、それまで記事を書かないというのも寂しいので、今後は、通常の飲み歩き日記、新橋以外で私がディープと感じたお店の紹介記事なども書いていこうかなと考えています。

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-07-12 08:00 | 管理人の告知  

お店紹介文タイトルの前に付けた【№】の意味について

これまで紹介してきたお店の紹介文タイトルの前に通しナンバー【№】を付けました。
これは、紹介中のお店が何軒目の紹介になるのかをわかるようにしたものです。

例えば、【№10】というナンバーがタイトルの前に付いている時は、そのお店は10軒目の紹介になるということです。
6/27現在で最新の記事は【№95】になっているので、95軒目まで紹介したことになります。
このうち一軒は残念ながら閉店してしまいました。

ということでよろしくお願いいたします。
[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-06-28 07:33 | 管理人の告知  

ヨロンの新橋“ディープな店”の選定基準は?

「ヨロンのブログでは、新橋のあの有名なお店が紹介されていないなぁ」、「あのお店もいいお店なのになんで紹介しないのかなぁ」、読者の皆さんの中にはそんなことを思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな疑問に応えるために(笑)、私がここで紹介しているお店の選定基準を述べておきます。

私は以前より“”についてものすごく興味を持っています。
個人で異業種交流会を主催していろんな人たちとの交流を深めたり、仕事で人事などの仕事を選んできたのもその延長にあります。
いろんな飲み屋でその場にいたいろんな人たちと交流するのもやはり他人に対する興味ゆえの行為です。
ただの酔っ払いの行為だという話もありますが、それはさておき(笑)。

そんな私が飲食店を観察する時によく見るのは、お店の人(スタッフ含む)と客層です。
飲み物や料理、値段、店内の装飾なども見ますが、それは二の次ですね。

お店の人の対応のし方、料理を作っている時の姿、要するに仕事ぶりですね。
それと、どういう人たちが常連になっていて、来店するお客さんにはどんな傾向があるか、そういったあたりを見ています。

そして、当然、そのお店がディープかどうかは、「ヨロンがディープな雰囲気を感じるかどうか」がすべてです。
つまり、完全に主観的にディープなお店を決めているのであります。
だから、例えば、お酒の種類もほとんどなく、料理がいまいちというお店であっても、人という視点で見て私がこのお店はディープだと感じればディープなお店として紹介するというわけです。
ですので、私が紹介しているお店が他の人にとっても居心地がいいとは限りません。

それと、お店を紹介するにあたってはビジュアルにお店の雰囲気を感じてほしいとの思いからお店の写真を掲載していますが、手元にまったくお店の写真がないか、あってもいい写真がない場合はそのお店を紹介しないので、「あのお店もいいお店なのになんで紹介しないのかなぁ」と思われているお店もいい写真が撮れたら紹介する可能性があります。

いつだったか、新橋駅前のお店に飛び込みで入ったことがあります。
新橋界隈ではそこそこ名の知れたお店のチェーン店だったので興味があって入ったのですが、カウンターで一人座って飲んでいる私の目の前で、店舗の責任者らしき人が、料理を作っている人に「そこのところはあんまりきちんとやらなくていいからさ。適当にやればいいんだよ」と言うのを聞いてガッカリしてしまい、その後そのお店へは二度と行かなくなりました。
料理はまずまずのレベルでしたが、こういう出来事を目の当たりにしてしまうと一気に興ざめしてしまいましたね。

お店の人がお客さんを大事にしているかどうか、お客さんのほうを向いて仕事をしているかどうか、有名店・人気店ということに胡坐をかいてお客さんに不遜な態度で接していないかどうか、いいお客さんが集まって店内にいい雰囲気が漂っているかどうか、こういったあたりが見る時のポイントでしょうか。
加えて、お店の人が自分にとって面白い人であったり、常連さんの中に面白い人がいたり、そんなお店だったらもう最高ですね。
[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-05-18 10:26 | 管理人の告知  

各お店の「酒が進む一品」を紹介していきます

カテゴリに、新たに「酒が進む一品」を追加いたしました。
個人的に飲み歩いた新橋のいろんなお店のお勧めの一品を随時紹介していきます。
どうぞお楽しみに。
[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-05-03 12:31 | 管理人の告知  

「新橋の帝王」がつづる新橋のディープな世界

新橋という街には、昼のビジネス街という顔以外に、のんべが徘徊する街という夜の顔もあります。
そして、よくよく観察してみると、夜の世界では、1軒どころか、2軒、3軒、、、、10軒と、複数のお店を飲み歩く“新橋徘徊族”がいることに気付きます。
何を隠そう、私はその典型的な徘徊族なのです。

新橋のありとあらゆる場所に出没し、日々いろんな酒と肴を熱心に研究している徘徊族なのです。
その研究の成果が認められたのか、新橋飲み人たちから「新橋の帝王」とも呼ばれています。

それでは、これより新橋の帝王“ヨロン”が体験した新橋のディープな世界をつづっていきますので、末永くお付き合いいただければ幸いです。

【昼の新橋】

d0223663_172357100.jpg


【夜の新橋】

d0223663_17223579.jpg

d0223663_1723083.jpg

d0223663_17233195.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-02-27 17:27 | 管理人の告知