カテゴリ:酒が進む一品( 89 )

 

『かご』、『きっちんかご』の“きびなご”

新橋の薩摩料理の名店『かご』&『きっちんかご』のお勧めの一品はこれ。
きびなご”。

このお店の薩摩料理の三大名物といえば、薩摩地鶏料理(刺身、焼き)、さつま揚げ、きびなごですが、その中の一品です。
産地の活きのいいきびなごを使ってますから、新鮮で歯ごたえもあって実に旨いんです。
本格的な薩摩料理のお店で、この一品を肴に焼酎を飲むと気分はもう鹿児島県人。
このお店に行ったら、やっぱりきびなごははずせませんね。

d0223663_774171.jpg

d0223663_775620.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-08 07:10 | 酒が進む一品  

『立』の“しめさば”

ディープな隠れ立ち飲み焼酎バー『』のお勧めの一品はこれ。
しめさば”。

しめさばの味はどこのお店もそれほど違いがないので安心して注文できる一品ですが、立のしめさばもいけます。
これがまた実に焼酎によく合うんですね。
酢でしめられたさばの身が何ともいえない食感でもう最高です。

d0223663_9172370.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-06 09:19 | 酒が進む一品  

『ゑびす座烏森本館』の“鶏刺身ステーキ”

当ブログではお店紹介をしていませんが、新橋駅烏森口から近い場所にあってなかなか人気の立ち飲み屋さん『ゑびす座烏森本館』でお勧めしたいのがこの一品。
鶏刺身ステーキ”。

このお店の人気メニューです。
鶏のもも肉を軽く炙ったもので、中はほぼ生なので刺身感覚で食べられます。
肉のかたまりで出されるので、調理ばさみで切り分けて食べます。
これがまた実に旨いんです。
ボリューム満点なのに500円もしないという一品なのでとてもお得です。
このお店にはこの一品だけを食べに行くだけでも価値があるでしょう。

d0223663_9501978.jpg

d0223663_9503528.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-05 09:53 | 酒が進む一品  

『葉村』の“天ぷらの盛合せ”

新橋の地で30年以上天ぷらを揚げている老舗の天ぷら屋さん『葉村』でお勧めしたい一品がこれ。
天ぷらの盛合せ”。

エビ、キス、イカ、野菜などいろんなネタの盛合せで380円というのはお得です。
他の単品メニューより安いので、あれこれ食べたい人には向いているでしょう。
ここはランチ営業もしていて、天ぷら定食は550円です。
定食に付いている天ぷらも盛合せです。
本格的な天ぷらを肴に安く飲めるお店が新橋には他にないので、天ぷらで飲みたい人にはお勧めです。

<天ぷらの盛合せ>
d0223663_1156849.jpg


<ランチの天ぷら定食>
d0223663_11562746.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-03 11:58 | 酒が進む一品  

『HIGHBALL BAR 新橋1923』の“牛もつのカレー煮込み”

ハイボールの仕掛け人サントリーの肝入りのハイボール専門酒場『HIGHBALL BAR 新橋1923』の名物の一品はこれ。
牛もつのカレー煮込み”。

もつ煮込みと聞くと、だいたい同じような味、同じような盛り付けをイメージする人は多いでしょう。
ある意味安心できる一品なので、席について最初に注文するのが煮込みという人も多いかもしれません。
しかし、ここの煮込みはちょっと違います。
何とカレー味なのです。
しかも煮込みの入った器も他のお店とはちょっと違います。
下町の酒場で出てくる煮込みも旨いのですが、ここの煮込みもなかなかいけます。
煮込みにしてはお高めですが、変わった煮込みを食べてみたい人にはお勧めです。

d0223663_8321575.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-02 08:33 | 酒が進む一品  

『博多流』の“カツオのはらかわ”

九州・博多の名物料理が楽しめる立ち飲み屋さん『博多流』でお勧めしたい一品がこれ。
カツオのはらかわ”。

カツオの腹の皮の部分を燻製にしたようなものですが、この味がまた何ともお酒によく合います。
どんなお酒にも合うとは思いますが、九州といえば焼酎なので、ぜひここでは焼酎を飲みながらこの一品を味わいたいものです。

d0223663_93853.jpg

d0223663_934896.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-12-01 08:59 | 酒が進む一品  

『大友』の“とり皮ポン酢”

料理メニューが全品300円の立ち飲み屋さん『大友』のお勧めの一品がこれ。
とり皮ポン酢”。

軽めの一品なのですが、ポン酢に漬けた鶏皮がまた実にいい味でお酒の肴によく合うんです。
他のお店でも鶏皮を使った一品を出すところはありますが、個人的にはここのとり皮ポン酢をお勧めしたいですね。

d0223663_14192756.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-11-30 14:21 | 酒が進む一品  

『でん姫』の“讃岐細うどん”

香川県丸亀市出身のユニークキャラのママのいるおでん屋さん『でん姫』でお勧めしたい一品がこれ。
讃岐細うどん”。

お酒のおつまみというより、飲み終わって最後にしめる際向きの一品ですかね。
ざるうどんとぶっかけの二種類があります。
香川といえば讃岐うどんの本場だけあって旨いです。
新橋には讃岐うどんのお店もありますが、飲めるお店でしめで食べるのもいいもんです。
量は少なめですが、ちょっとお腹に入れてからお店を出たい、といった時などにはお勧めです。

d0223663_9242422.jpg

d0223663_9244236.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-11-29 09:27 | 酒が進む一品  

『圭』の“ほねく”

仕事帰りのサラリーマンで賑わっている新橋駅前ビル1号館の立ち飲み屋さん『』で、まぐろのユッケと並んでお勧めなのがこれ。
ほねく”。

さつま揚げなのですが、ここのさつま揚げは他のお店とはちょっと違います。
味については言葉では表現しにくいのですが、とにかくお酒の肴にはピッタリです。
私がここで飲む時は必ず注文する一品です。

d0223663_9515022.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-11-28 09:52 | 酒が進む一品  

『長屋』の“いわしの刺身”

新橋の名物神社烏森神社近くにあるいわしの専門店『長屋』のお勧めの一品はこれ。
いわしの刺身”。

いわしといえば大衆魚の代表格ですが、このお店の店主にかかればこのいわしが芸術性をおびます。
その意味はここを一度訪れてみればわかるでしょう。
いわしの専門店なのでいわしを使ったメニューがたくさんありますが、中でもこの刺身はもっとも芸術性を感じられる一品です。
他のお店と比べれば、ここのいわしの刺身がどれほど特徴的かわかるでしょう。

d0223663_8345771.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-11-27 08:37 | 酒が進む一品