<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

【№1】放課後の部室のような楽しさ漂う、立ち飲み『駿』

新橋駅の烏森口を出て少し歩いたところ、新橋三丁目にそのお店はある。
立ち飲み『駿』。
オープンしてまだ3年目ながら、その居心地の良さに新橋通の飲み人たちが毎晩集まってくる。
何だろう、ここには、中学校、高校、あるいは大学時代の部室のようなあのアットホームな雰囲気が漂っている。

この雰囲気の中心にいるのが、店主のmotoさんとパートナーのあいちゃんだ。
ここに集まってくる常連さんたちは皆んな、彼、彼女の人柄が大好きだ。
仕事が終わって「あー、疲れたー。一杯飲んで帰ろう」と思ってここにやってくると、あら不思議、仕事の疲れなんか吹き飛んで元気になってしまうのだ。

それに何より、料理が旨い!、お酒が安い!
motoさんは本格的に調理の道を極めた達人だ。
それなのに、銀座の店で食べたらいくら取られるんだろうというレベルの料理を平気で低価格で提供している。
これを良心的と言わずして何と言おう。

駿は、ちょっとわかりづらい場所にあるので新橋初心者がたどりつくのはなかなか難しい。
だからこそ、このお店を発見した時の喜びは倍増するのである。
ここの満足度はぜひご自身で足を運んで試してほしいものだ。

<お店データ>
東京都港区新橋3-11-5 新橋グランディアビル1F
TEL:03-6459-0115
定休日: 日、祝日

食べログ

d0223663_6241215.jpg

d0223663_6253276.jpg

d0223663_6255939.jpg

d0223663_6275868.jpg

d0223663_6282535.jpg

d0223663_6291198.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-02-28 06:32 | 立ち飲みの店  

「新橋の帝王」がつづる新橋のディープな世界

新橋という街には、昼のビジネス街という顔以外に、のんべが徘徊する街という夜の顔もあります。
そして、よくよく観察してみると、夜の世界では、1軒どころか、2軒、3軒、、、、10軒と、複数のお店を飲み歩く“新橋徘徊族”がいることに気付きます。
何を隠そう、私はその典型的な徘徊族なのです。

新橋のありとあらゆる場所に出没し、日々いろんな酒と肴を熱心に研究している徘徊族なのです。
その研究の成果が認められたのか、新橋飲み人たちから「新橋の帝王」とも呼ばれています。

それでは、これより新橋の帝王“ヨロン”が体験した新橋のディープな世界をつづっていきますので、末永くお付き合いいただければ幸いです。

【昼の新橋】

d0223663_172357100.jpg


【夜の新橋】

d0223663_17223579.jpg

d0223663_1723083.jpg

d0223663_17233195.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-02-27 17:27 | 管理人の告知