<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

『浦ちゃん』の“牛スジ豆腐”

日比谷通り沿いの商業ビルの地下にある隠れ立ち飲み屋さん『浦ちゃん』でお勧めしたいのがこの一品。
牛スジ豆腐”。

よくあるメニュー名でいえば、肉豆腐なのですが、このお店の牛スジ豆腐の特徴は何といっても白ネギがたっぷり入っていることでしょうか。
このネギの風味がまた何とも食欲をそそるのです。
牛スジ豆腐のトロトロ感とネギのシャキシャキ感が絶妙にマッチしています。
ここで飲む機会があったらぜひ試してほしい一品ですね。

d0223663_622171.jpg

d0223663_62366.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-26 06:06 | 酒が進む一品  

『いろり村』の“豚バラ”

富山出身の気さくな店主が営む燻製料理の名店『いろり村』でお勧めしたいのがこの一品。
豚バラ”。

燻製ってお酒の肴によく合うんですよね。
このお店ではいろいろな燻製料理が楽しめますが、中でもお勧めしたいのがこの一品です。
脂ののった豚肉の風味を味わえながら燻製の何ともいえない香りを楽しめ、お酒がぐいぐい進んでしまいます。

d0223663_9434759.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-25 09:45 | 酒が進む一品  

『竜馬』の“卵とエビのふわふわ炒め”

新橋の立ち飲みの人気店『竜馬』でお勧めしたい一品がこれ。
卵とエビのふわふわ炒め”。

卵とエビを絡めて炒めたものなのですが、これがメニューの名の通り本当にふわふわなんです。
口の中でとろける食感が何ともたまりません。
口に入れた瞬間、「旨っ!」と思わずにはいられない一品です。
このお店で飲む機会があったらぜひ食べてみてほしいですね。

d0223663_9384161.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-19 09:39 | 酒が進む一品  

『身知らず』の“身欠き鰊山椒漬”

新橋にある会津料理の名店『身知らず』のお勧めの一品がこれ。
身欠き鰊山椒漬”。

このお店では福島、会津の郷土料理があれこれ楽しめますが、この一品は地酒の肴に最高です。
身欠き鰊を山椒漬けにしたものですが、山椒の風味が絶妙でお酒が進みます。
会津の名地酒「会津中将」を飲みながら、この肴をつまんでみてはいかがでしょうか?
このお店は、店主の気さくな人柄もあって和やかなひとときを過ごせます。

d0223663_10354979.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-12 10:37 | 酒が進む一品  

母と娘で小ぢんまり営む和みの居酒屋、目黒新橋『ナッツ』

JR山手線目黒駅西口を出て、権之助坂を下ること5分、目黒川にかかる目黒新橋という小さな橋の袂に目黒新橋マンションという昭和46年(1971年)に建てられた古いマンションがある。
その1階は飲食街になっていて、居酒屋やバーなどの飲食店が10店舗軒を連ねる。
表に「10店そろった大酒郷」という看板がありのんべを誘う。

そんな飲食店の一軒に、母と娘が小ぢんまり営む和みの居酒屋がある。
お店の名は、『ナッツ』。
店名は、英語の“nuts”(くそ食らえ、気の狂った)からきているというちょっと変わったお店だ。
かといって、お店の人やお客さんがそんなタイプというわけではない。

ママと娘さんはおしゃべり好きでどんな人とでも気軽に会話できるようだ。
L字型のカウンター席のみで、10人ぐらいでいっぱいなる狭いお店だが、お酒や料理のメニューはわりと豊富にある。
料理一品の値段は安いので懐の寂しい飲み人にはありがたい。
お店を始めて数年と聞いたが、既に常連客がついているらしい。
ママ、娘さんとのおしゃべりを楽しみたくてつい足を運んでしまうのかもしれない。
目黒界隈で飲む機会があったらぜひ一度訪れてみてはどうだろうか。

<お店データ>

東京都目黒区目黒1-24-19 目黒新橋マンション1F
TEL:不明
定休日:日、祝日

d0223663_1114172.jpg

d0223663_11141816.jpg

d0223663_11143491.jpg

d0223663_11144719.jpg

d0223663_1115249.jpg

d0223663_11151735.jpg

d0223663_11153025.jpg

d0223663_11154435.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-11 11:17 | 新橋以外(座り飲み)  

ご夫婦とスタッフの息が合った旨いやきとん屋、目黒『玉や』

JR目黒駅東口を出て歩くこと数分、脇道に入って飲食店の並ぶ一角にやきとんの旨いお店がある。
お店の名は、『玉や』。
同店は新橋にも数店舗あるが、目黒店が本店だ。
還暦を超えたご夫婦と数名のスタッフが切り盛りし、かなりお客さんが入る人気店である。
一人または少人数の時は1F、大人数の時は2Fが利用できる。

ここの名物はなんといってもやきとん。
味付けはたれと塩が選べるが個人的にはたれがお勧めだ。
一串はそこそこ大きくて食べ応えがある。
やきとん以外にもレバ刺しなど各種もつ刺しや他の一品料理もある。
お酒は、ビール、ホッピー、サワー類、日本酒、焼酎など。
店内には、電車の網棚のような荷物置き場が設けられているので、手荷物などをそこにのせられる。

聞けば、ご夫婦は中央大学でフランス文学を学んだという。
大学生の頃は学生運動が盛んだったとかで、店内が忙しくなければそんな思い出話などもしてくれる気さくなご夫婦だ。
私はここに通い出してまだ日が浅いが、カウンターにいるお客さんを観察していると長く通っている常連さんもいるようだ。
きっと、こういうご夫婦の人柄、そしてご夫婦と息の合ったスタッフの対応に二度、三度と足を運びたくなるのだろう。
目黒駅周辺で飲む機会があったらぜひお勧めしたいお店だ。

<お店データ>

東京都品川区上大崎2-13-42
TEL:03-3444-3911
定休日:日、祝日

食べログ

d0223663_881180.jpg

d0223663_882548.jpg

d0223663_884084.jpg

d0223663_042489.jpg

d0223663_885311.jpg

d0223663_04036.jpg

d0223663_89760.jpg

d0223663_892182.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-07 08:12 | 新橋以外(座り飲み)  

ワインも料理も旨い!連日満席の立ち飲みワインバー、目黒『ビストロ・シン』

JR目黒駅西口を出て、権之助坂を下ること5分、連日満席の立ち飲みワインバーがある。
お店の名は、『ビストロ・シン』。
1号店と2号店がある。
立ち飲みといっても、店内の奥には10席ほどの座れるカウンター席があり予約もできる。
ここは一人飲み客よりも、カップルとか数名程度のグループでの利用が多いようだ。
特に女性客が多いのが目立つ。

立ち飲みとはいえ、ワインも料理も侮れないレベルだ。
とにかくどっちも旨い!
料理はボリュームもたっぷりで、一人だとちょっと多すぎるぐらいだ。
壁にかかった黒板メニューには、同店の料理ベスト10が書き出されており、ランクインしている料理はいずれも旨く満足度が高い。
ちなみに、写真の料理は、私が訪問した時のベスト1~5の料理。

たんなるオシャレなお店というのではなく、ワインも料理も、そしてコストパフォーマンスも納得・満足度の高いワインバーといえよう。
開店後しばらくすると続々お客さんがやってくるので、訪問するなら早い時間帯がお勧めだ。
ワイン好き、旨い料理には目がないという人はぜひ足を運んでみてはどうだろうか。

<お店データ>

東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル1F
TEL:03-3491-3663
定休日:日、祝日

食べログ

d0223663_7323133.jpg

d0223663_7324994.jpg

d0223663_733477.jpg

d0223663_733187.jpg

d0223663_7333275.jpg

d0223663_7334731.jpg

d0223663_734540.jpg

d0223663_7342078.jpg

d0223663_7343531.jpg

d0223663_7345090.jpg

d0223663_735689.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-06 07:42 | 新橋以外(立ち飲み)  

昭和一桁生まれのおしゃべり好きな女将がいる、目黒新橋『おおき』

JR山手線目黒駅西口を出て、権之助坂を下ること5分、目黒川にかかる目黒新橋という小さな橋の袂に目黒新橋マンションという昭和46年(1971年)に建てられた古いマンションがある。
その1階は飲食街になっていて、居酒屋やバーなどの飲食店が10店舗軒を連ねる。
表に「10店そろった大酒郷」という看板がありのんべを誘う。

聞くところによれば、戦後屋台をひいていた人たちが、このマンション建設と同時にここに移ってきたのが始まりらしい。
現存するお店の中では、創業40年以上のお店もある。
今回紹介したいのは、創業30年以上という老舗のお店『おおき』。
昭和一桁生まれという女将が一人で営むお店なのだが、とてもおしゃべり好きで、自分のことや家族のこと、ご両親のことなどいろいろ話題を提供してくれる。

さらに面白いのが、よくもの忘れすることと、マイウェイを貫き通すことか(笑)。
どういうことかといえば、まず、お客さんが注文したものを忘れる。
極めつけは、最後の勘定の際、お客さんが注文したものがわからずお客さんに確認すること。
「えーと、お客さん、何注文されました?」って感じで(笑)。
それと、例えば、こちらが注文したものとは違うものが出てきたりする。
「これ、美味しいから食べてみて」と言いつつ。
で、肝心の注文した料理は出てこない。
まぁ、しつこく言えば出してもらえるかもしれないが、こういうのはこれはこれで何だか楽しい。

ちょっと涙ものだったのは、店内の壁にかかっている黒板メニューの話。
かつては今は亡きご主人と二人でやっていたとのことで、ご主人が書いたメニューを消すことができず、そのままにしているのだという。
黒板に書かれたそのメニューはかすれているが、きっとたくさんの思い出が詰まっているのであろう。

女将との会話で私が独身であることを告げたのだが、何度も「奥さんは?」と聞く女将の記憶力はお酒の場を盛り上げてくれる(笑)。
そんな女将なので、再訪してもきっと覚えていてくれないかもしれないが、なぜか再び訪れてみたくなる不思議なお店だ。
目黒新橋は実に楽しい場所である。

<お店データ>

東京都目黒区目黒1-24-19 目黒新橋マンション1F
TEL:不明
定休日:日、祝日

d0223663_10421157.jpg

d0223663_10423193.jpg

d0223663_10425167.jpg

d0223663_10431342.jpg

d0223663_10433026.jpg

d0223663_10434587.jpg

d0223663_1044155.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-05 10:02 | 新橋以外(座り飲み)  

『TeRRa(テラ)』の“おでん”

タレントの北野誠さんがオーナーのワインバー『TeRRa(テラ)』のお勧めの一品がこれ。
おでん”。

おでんといってもここのおでんは和風ではありません。
イタリアン風なのです。
具は大根だったり、玉子だったり、ちくわぶだったりとふつうのものです。
味付けがイタリアンなのでこれがまた絶妙にいい感じでワインに合うのです。
おでんは季節的なものなので食べたい方はぜひいまのうちに訪れてみましょう。

d0223663_7534651.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-05 07:55 | 酒が進む一品  

『駿』の“ホッピー”

新橋の人気立ち飲み屋さん『駿』でお勧めしたいお酒がこれ。
ホッピー”。

ここのホッピーは、そんじょそこらの居酒屋のホッピーとは違います。
あっ、成分は同じなんですけどね(笑)。
何が違うかというと、ジョッキに入っている焼酎の量が違うんです。
なんと、中サイズジョッキいっぱいになるまで焼酎が入れられています。

しかも、空のコップが一緒に出てきます。
このコップで何をするのかといえば、まずはジョッキの焼酎を半分このコップに移します。
それから、ジョッキにホッピーを入れて飲み、飲み干したところで、コップから焼酎をジョッキ再度移してホッピーを入れ飲むのです。
要するに、一杯の値段でホッピーを二杯分飲めるという何とも嬉しいサービスなのです。
酒好きの心を知り尽くしたお店の心意気を感じますね~。

d0223663_1053946.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2012-02-04 10:07 | お勧めの美酒