人気ブログランキング |

【№19】ラテン音楽・洋楽が流れる異色の小料理屋、居心地処『千』

新橋には小料理屋が多い。
サラリーマンが多い街ゆえであろうか。
いろんなタイプの店主がいる小料理屋がたくさんあるので、お金に余裕があればあちこち体験してみると面白い。
お金に余裕があればと言ったのは、小料理屋は大衆居酒屋チェーンのお店や立ち飲みに比べれば単価的に高いからである。
それでも、居心地のいい自分に合ったお店に出会えれば多少の出費は気にならないだろう。

今回紹介するのは、「えっ、それって小料理屋なの?」という異色の小料理屋である。
お店の名は、『』。
新橋4丁目の雑居ビルの2階にある。
何が異色なのかといえば、、、
ふつう小料理屋と聞くと、小さいお店で、年輩の女将や大将がいて、家庭料理のような料理を出してくれ、そんな料理を肴に談笑などしながら飲む、といったシーンを思い浮かべる人も多いだろう。
TVドラマや映画などではよくそんなシーンが出てくる。
ところが、千はBGMでラテン音楽や洋楽が流れる。
店主は常連さんから“きよみ”さんと呼ばれ、かつてラテンアメリカに住んでいた経歴を持つ。

料理は小料理屋というだけあって和食ベース。
ラテン音楽や洋楽を聴きながら和風の肴をつまみつつ飲む、最初こそ違和感を感じるかもしれないが、そのうち居心地の良さを感じるようになるから不思議だ。
店主が音楽好きということもあってか、お客さんには音楽仲間や音楽好きな人も多いようだ。
ただ変わったお店というだけなら一度訪問すればそれで終わってしまうこともあるだろうが、ここは料理も美味しく、小料理屋としてはリーズナブルな値段だ。
それに何といっても店主が親しみやすい性格だ。

小料理屋にはどうしても敷居が高いイメージがある。
常連さんだけがいるイメージを持っている人には入りにくいかもしれない。
でも、千なら大丈夫だ。
ふつうの居酒屋感覚で入れる。
カウンター席以外に、奥のほうに10名ほどが座れるテーブルもある。
新橋駅からは少し離れた新橋4丁目の路地にあるのでわかりづらいかもしれないが、それゆえお気に入りの隠れ家としても使えるだろう。

<お店データ>

東京都港区新橋4-14-7 第二園ビル2F
TEL:03-3438-2359
定休日:日、祝日

d0223663_625736.jpg

d0223663_6252788.jpg

d0223663_6254298.jpg

d0223663_626450.jpg

d0223663_6262269.jpg

d0223663_6272693.jpg

d0223663_6263855.jpg

d0223663_6265581.jpg

d0223663_6274217.jpg

by yoron-shinbashi | 2011-03-25 06:32 | 座り飲みの店  

<< 【№20】燻製料理がお酒の肴に... 【№18】志高き飲み人が集う場... >>