雰囲気だけで酔ってしまう、新宿思い出横丁『カブト』

近代的な高層ビルが立ち並ぶ新宿にあって、戦後の闇市の名残が残る場所がある。
新宿駅西口の思い出横丁だ。
その思い出横丁の中ほどにあって、これまたその当時の面影を感じさせるお店がある。
お店の名は、『カブト』。
鰻の串焼きの専門店で、創業は昭和28年(1948年)。
店内はコの字型のカウンター席のみ。
営業時間は午後2時からだが(閉店は午後9時)、早い時間帯ならまだしも夕方あたりになると混んでなかなか入れない。

思い出横丁はかつては“しょんべん横丁”と呼ばれていた。
酔っ払いたちが横丁脇の壁に向かってしょんべんしていたからこう呼ばれたとも聞く。
今は共同トイレも設置されているので、さすがにそういう酔っ払いは見かけたことがないが、ひょっとしたら今でもいるのかな?
ここは10数年前に大火に見舞われ横丁のかなりの部分が焼けたのだが、復興を果たして現在にいたる。
新宿の名物横丁なので観光気分で訪れる人も多いようだ。
夕方ともなると横丁の各お店はたくさんの飲み人たちであふれかえる。

鰻串は一つひとつのメニューを単品で注文することもできるが、多くの人は“一通り”というセットもの(7本、1,430円)を注文する。
セットだからといって割安になるわけではないが、とりあえず鰻の部位を一通り食べられるので満足度は高い。
お酒は、ビール(黒ビールもある)、日本酒(白鶴)、焼酎(キンミヤ)があるが、個人的にはキンミヤ焼酎が好きだ。
コップのふちまで注いでくれる焼酎を口を近づけて飲む瞬間がたまらなく何ともいい。
好みによって、醤油さしに入っている梅エキスを入れて梅割りにすることもできる。
お店のオヤジさん、こういう酒場が好きで集まってきた他のお客さんたちとわきあいあい語り合いながら飲むひとときが楽しい。
ここは雰囲気だけでも酔ってしまうお店である。
鰻が好きで老舗酒場が好きという飲み人にはぜひお勧めしたいお店だ。

<お店データ>

東京都新宿区西新宿1-2-11 思い出横丁
TEL:03-3342-7671
定休日:日、祝日

食べログ

d0223663_8495094.jpg

d0223663_850541.jpg

d0223663_8503894.jpg

d0223663_8502295.jpg

d0223663_8505975.jpg

d0223663_8511522.jpg

[PR]

by yoron-shinbashi | 2011-08-08 09:20 | 新橋以外(座り飲み)  

<< レバ刺しの元祖、かつ日本一小さ... 古書街にふさわしくインテリも多... >>